介護職の転職を成功させるポイント

介護職の転職を成功させるポイント

高齢化社会によって病院や介護施設も増えており、それに伴って介護職の必要人数も増えています。しかしスタッフや他の職種、利用者やその家族と接するなどコミュニケーションが必要不可欠であり、更に日勤だけでなく夜勤もあるので、精神的にも体力的にも厳しいお仕事と言えます。状況によっては、転職や退職ということを検討することもあるのではないでしょうか。そこで今回は転職を成功させるためのポイントを説明します。

介護職の転職は継続するべき?離れるべき?

転職する理由は、周りのスタッフとの折り合いが悪い、利用者と上手く関われない、勤務形態が辛い、仕事内容自体が自分に合っていない気がするなど人によって様々です。
介護職の転職は、介護の仕事を継続したい場合は職場を変えたり、根本的に仕事内容が合わない場合は全く違う業界に転職するという選択肢もあります。同じ介護職で職場を変える場合には、自分のやりたい仕事内容や目標なども見据えて転職先を考える必要があります。
一方、介護職から全く違う業界へ転職することもできます。しかし介護職の業務経験以外に特殊な経歴や全く別の資格を持っているということがない限り、全くの未経験でスタートすることになるので検討している業界や職業、年齢によっては就職が困難な場合もあるのです。しかし介護職で培った経験や技術を生かすことのできるサービス業など、業種によっては未経験でも将来的に自身のキャリアアップが目指せる職種もあります。
逆に違う業界から介護職へ転職する場合は、特別な資格は必要ないので未経験でも働くことができます。ただ介護の仕事内容をしっかり理解していないと、理想と現実にギャップが出てしまうので注意が必要です。

転職先を選ぶポイントは3つ!優良事業を見極めよう!

転職先を選ぶ時のポイントは3つあります。1つ目は自分のやりたい仕事ができるかどうか、2つ目は待遇や条件が自分の求めるものと合っているか、3つ目は優良な事業であるかどうかです。1つ目と2つ目は、実際に就職先を探すとなった時に自然と出てくる条件ですが、3つ目の優良事業という点は案外見落としがちなポイントなのです。
候補として挙げた商社が優良事業かどうかを判断する基準は、まずその事業らしさやこだわりが明確になっているかどうかです。そのこだわりに興味を持つか持たないかで、自分がその場所で働きたいかどうかを判断します。また将来のビジョンや事業の方針などが徹底されているか、ということも大切です。未来のビジョンが明確でそれに対して努力しているか、またチャレンジしているのかということを確認しておくことで、就職後の自分のスキルアップを考える大事な情報にもなります。
更に介護職を未経験で始める場合は特に、人材育成がしっかりしているかどうかも確認しておくと良いです。

介護の職場の選び方は?

介護職のまま違う職場を選びたい場合は、医療法人や社会福祉法人が運営している施設を候補として選ぶと良いです。大きな事業が経営している施設は、経営が安定している事が多く待遇も比較的良い傾向にあります。
転職の理由に夜勤が多くて体が辛かった、仕事の内容的に体への負担が大きいなどがある場合は、デイサービスなどの通所型施設や訪問型施設への転職も選択肢として候補に入れるのも良いです。
介護職には携わりたいけど職種を変えたいという場合には、新たに資格を取得して違う職場で活躍するという選択肢もあります。介護業界は幅広いので、職種が変わっても介護職で身に付けた経験を生かせる場所はたくさんあるのです。

転職を成功させるには、情報収集が1番大事!

介護職の転職を成功させるためには、念入りな情報取集が必要不可欠です。
特に求人広告をマメにチェックする、就職を考えている業界について知識を深めておく、新しい資格を取ることも視野にいれておくこと、自分の性格や特性を知っておくこと、この4つが大切になります。求人広告をこまめにチェックしておくことで、毎回求人を募集している業者や怪しい業者などを見分けられるようになったり、転職しやすい条件の求人を見つけられるようになります。また介護職以外の業界に転職を考えている場合は特に、その職種の仕事内容や現状などを情報収集しておくことで面接にも役立ちます。
新しい資格は必ず取る必要はありませんが、これからの自分のスキルアップや介護業界でも違う職種で転職するということもできるので、調べておいたほうが転職先の視野が広がるのです。資格は自分の強みにもなりますし、就職先によっては待遇や条件がよくなる場合もたくさんあります。また自分の性格や特性をしっかり把握して分析しておくことで、自分に向いている職業や面接でも自分を上手にアピールすることができるようになるのです。

まとめ

転職活動を始めるにはまず自分が転職したいと思う理由、つまり転職する理由を明確になっていることがとても大切です。それはこの転職したい理由が、次の転職先を選ぶ基準になるからです。
自分のやりたい仕事は何か、自分に合っている仕事は何か、自分は将来どうなりたいか、などを全て考えた上で転職活動を行っていく必要があります。更に転職が成功するかどうかは、自身の転職活動の方法によって大きく左右されるのです。
転職は人生の中でも大きな転機になります。自分のやりたいお仕事を、自分が生き生きと働ける場所でできたらいいですね。