Date: 2014.03.17 | Category: プリザーブドフラワー | Tags:

プリザーブドフラワーの香りづけは人工香料でプリザーブドフラワーは人工的にはなびらを加工したものです。そのため、生花よりも非常に長い時間、お花を楽しむことが可能です。しかし生花と決定的に違うことに、お花の香りがない、花粉がないことが挙げられます。花粉がないのは手間がかからなくていいですが、お花の香りが好きという人には物足りなさを感じる人もいるのかもしれません。


プリザーブドフラワーはアロマなどで香りを

プリザーブドフラワー本体を香らせる方法はないので、アロマオイルやポプリなどをアレンジメントから見えない部分へかくして、プリザーブドフラワーを香らせることはできます。フレッシュな香りを持続させることができない代わりに、好きな香りをハンカチなどにくるんでおくことで、自分の好きなお花に好きな香りを付けることができるということです。


長持ちするのは人工香料

においが気になる場所などに置く場合は、人工香料を利用する人が多いそうです。香水やアロマオイルなど利用できるものは様々ですが、自然由来の精油はやはりにおいが飛んでしまうのも早いと言われています。またプリザーブドフラワーが湿気に弱いものですから、直接吹き付けることは絶対にやめましょう。香りは定期的に付け直さないと飛んでしまいますから、コットン等に付けたものを、乾いた布などでくるんで繰り返し利用できるようになっていると経済的かもしれませんね。

Comments are closed.