Date: 2014.04.11 | Category: プリザーブドフラワー | Tags:

春になると卒業式や入学式があります。出会いと別れを祝う場には皆正装をしてお祝いします。卒業式や入学式に子供と並んでスーツに身を包んだ親御さんの姿はとても、微笑ましく自然と笑顔が出てきます。そんなスーツの胸元にはコサージュが付けられています。色形は違っても同じようなものが多いです。お祝いの場で人とは違ったコサージュはいかがですか。生花のように美しいプリザードフラワーでコサージュを作ることが出来ます。素敵な保護者として胸元を飾って下さい。


<色んな所に使って楽しむ>

春になると出会いと別れがあり、その場ではコサージュをよくみます。ですがコサージュというのはそういう時しか使わないので、あまり選ばず無難な色形を選ぶ方が多いのではないでしょうか。そんなコサージュを自分のオリジナルの物を作れば、色んな場面で使う事ができるかもしれません。プリザーブドフラワーで作るコサージュは、バラの花一つをとっても色合いや形などを自分で変えることが出来ます。生花と見間違うほどのプリザーブドフラワー、質感や色合いは枯れることなくずっと続きます。コサージュとして胸元を飾った後には、カバンのワンポイントやマフラーやストールの止めに使えば、オシャレ度アップ間違いなしです。素敵なプリザーブドフラワーのコサージュを色々な所で使ってみるのもいいですね。

Comments are closed.