介護業界のキャリアアップと転職

介護業界のキャリアアップと転職

介護業界は高齢化が進む日本社会で必要とされている業界である反面、低賃金・重労働などで離職率が高い業界でもあります。介護業界で長く働くにはどのように工夫し、また転職を成功させるにはどのようにしたらよいのかご紹介します。

介護業界の仕事内容はどのようなものがあるのか

介護業界の仕事のメインとなるのが、介護が必要な高齢者に対して介護サービスを提供する現場の仕事です。この介護サービスにもいくつかの種類があります。まず、多くの介護の現場で必要とされているのが、ADLが自立していない高齢者に対して体を触れて直接介護を行う身体介護サービスです。身体介護サービスには、入浴・排泄サポートや食事サポート、ベッドや車いすへの移動や移乗などがあります。高齢者の中には大柄の男性もおり、高齢者を抱えたりすることもある身体介護サービスは介護の仕事の中でもかなり肉体的負担の大きな作業の一つになります。女性スタッフが多い介護の現場では体力的に仕事の継続が難しく、結婚・出産・子育てを機に退職してしまう人もいます。その他、生活援助サービスとして、高齢者の代わりに買い物に出かけたり、食事の配膳を行うのも介護の仕事の一つです。介護業界で働くためには多くの人が介護資格が必要と考えるかもしれませんが、介護の仕事の中には介護資格が無資格でも従事できるものもあります。介護施設の調理スタッフや高齢者の送迎を行う車のドライバー業務、高齢者の個室のベッドメイク、事業所の清掃スタッフなどがそれにあたります。介護業界でキャリアアップを考えている人は介護資格の取得が必須ですが、介護の現場に興味があったり、一度体験してみたいという人は、無資格でも就業可能な職場を探してみるのも良いのではないでしょうか。介護施設や事業所によっては資格取得サポートを行っている場合もあり、働きながら資格取得を目指すことも可能です。

仕事が辛い時に相談できる仲間を作ろう

介護業界は仕事内容が過酷で、職場によっては勤務形態がハードな場合もあります。時には同僚に愚痴を聞いてもらったり、上司に労働環境の改善をしてもらうよう相談できるようにしておきましょう。施設をいくつも運営している事業所の場合、エリア担当のケアマネージャーなどが配置されている可能性もあります。どうしても今の職場がしんどい時は、別の施設に配属を変えてもらったり、転職について相談するのも良いでしょう。介護の仕事はこれからもずっと必要とされる仕事です。良い人間関係を継続できれば、いつかまた別の職場で一緒に働くことになるかもしれません。

介護の仕事を長く続けるのに必要なこと

介護の仕事を含め、世の中のどの仕事でも良いことと嫌なことはあるものです。しかし、そんな中でも一つの仕事を長く続けていくために必要なことは、まずは仕事にやりがいを感じ、自分自身が心身ともに健やかま日常生活を送ることが重要です。介護業界に置き換えて考えてみると、まずは現在の介護の仕事を続けることでどのようなキャリアを積むことができるのか考えてみるのはどうでしょうか。キャリアを積むことで仕事の責任感が増すこともありますが、様々な面で自分自身の判断で仕事を進めることが多くなり、給与面でも上がる可能性が高くなります。例えば、介護の基本的な資格である介護職員初任者研修資格を取得している人は、上位資格である実務者研修資格、介護福祉士資格などの資格取得を目指すことで、できる仕事の幅が大きく広がります。上位資格を取得していれば、周囲からの仕事に対する信頼度も上がります。実務者研修資格や介護福祉士資格を持っていれば訪問介護事業所のサービス提供責任者になることもでき、転職にも有利になります。

介護業界内での転職も考えてみる

とにかく今の職場が過酷で辛いと感じている人は、同じ介護業界内での転職を考えてみるのはどうでしょう。例えば、体力的に身体介護サービスの提供を続けることが辛いと感じている場合、比較的元気な高齢者が利用する介護施設に転職することで身体介護サービスを行うことが減るかもしれません。介護施設のなかでも機能訓練に特化した施設の場合、運動療法やリハビリの補助などを行うことがメインになります。その分仕事による肉体的負担は大幅に減ることになります。また、夜勤勤務が辛い人の場合、高齢者が日帰り利用するデイサービスでの勤務を検討してみるのも良いでしょう。ほとんどのデイサービスでは夜勤勤務をする必要がなく、生活のリズムが崩れる心配もありません。寝不足による精神的なストレスも減るのではないでしょうか。

まとめ

介護業界の仕事は過酷な面もありますが、多くの高齢者やその家族に必要とされており、素晴らしい社会貢献ができる仕事の一つでもあります。無資格から始めて徐々にキャリアアップをすることも可能で、その分給料アップを目指すこともできます。また、同じ業界内で自分の希望に沿った職場に転職することもできます。このように仕事に対するモチベーションを上げたり、いかに働きやすい環境に身を置くかを工夫することで、長期にわたって介護の仕事を続けやすくなります。介護の仕事を続けるのは難しいと感じた時にすぐに退職という道を選ぶのではなく、どのようにしたら介護の仕事を長続きさせられるのかを考えてみてはいかがでしょうか。

duadmin