介護業界の派遣事業について

介護業界の派遣事業について

派遣事業は様々な業界で展開されており、人材不足の解消や業界に必要な資格取得などを目的として利用されています。これまであまり利用されてこなかった介護業界にも派遣事業が普及するようになったのですが、今回は介護業界での派遣の実態やメリット・デメリットなどについて紹介していきます。

介護派遣とはどのようなものか

介護派遣とは介護業界の派遣事業や派遣社員を指しており、雇用主が介護事業ではなく派遣会社であるところが大きな特徴です。そのため給与の支払いや各種保健の手続きに関しては全ては見解者が担当しており、介護事業側には派遣社員として労力を提供している形になっています。この点については他の派遣事業と同じ部分で、パートやアルバイトとは大きく区別されています。
そんな介護派遣のもうひとつの特徴として言われているのが、一般的な登録型の派遣スタイルのほかに「紹介予定派遣」と呼ばれるものがある点です。紹介予定派遣とは将来的には正社員として雇用される事を前提として職場を紹介してもらうスタイルで、派遣期間が満了した後に正社員として契約するかどうか介護事業と派遣社員が話し合えるところが大きなポイントとなっています。

介護派遣の仕事内容

介護派遣の実際の仕事としてはどのようなものを行っていくのかというと、基本的には一般的な介護職員が行うものと同じ業務が中心です。そのため派遣社員だからと区別されるわけではありませんし、介護サービスを受ける高齢者側としても派遣社員であっても正社員など他の職員と同じ扱いになります。ほかにも正社員のサポート的な仕事を任される場合も多く、雑務的な仕事をお願いされるケースもあるようです。
そんな介護派遣と正社員の仕事内容の違いとしては、職員向けの介護実習や研修などのスキルアップ目的で行われているものに参加する義務がない点だとされています。介護事業によっては介護派遣でも参加してもらうところもあるようですが、業務時間外で行われる場合は自由参加もしくは参加しなくてもいいとしているところが多いです。

介護派遣は誰でも利用できる

一般的に介護派遣は介護関連の資格を持っている人が利用していると考えられており、これまで勤務していた職場と違う形態の介護施設を体験するためだったりスキルアップを目的としたもの、私生活を優先するためなど色々な目的で派遣スタイルを利用しています。特に派遣社員は即戦力として求められているケースが多いので、ある程度基本的な介護のスキルや技術を持っているのが前提条件としている介護施設も少なくありません。
ただ介護派遣の中には無資格や未経験だと言う人も多く、別業界からの転職を検討している人やこれから介護の資格を取得しようと考えている人なども利用しています。そのため基本的には誰でも利用できる雇用スタイルと言われており、派遣で働く目的も人によって異なっているようです。

介護派遣のメリットとは

介護業界で派遣として働くメリットとしてまず一番に言われているのが、「時給が高い」点です。一般的に介護業界の平均的な給与はそこまで高くないと認識されているのですが、派遣で雇用された場合は介護事業ではなく派遣会社が給与を支払うようになっています。そのため正社員よりも時給や給与が高くなるケースも多く、金銭面を理由に正社員ではなく派遣社員を選ぶ人もいるようです。
また「働く時間を自由に決められる」点も大きなメリットで、介護事業にありがちな夜勤や不規則なシフトを避けることで家庭事情やプライベートを優先できます。ほかにも「介護に関して実務経験を積める」点もあり、特に介護福祉士やケアマネージャーなどの重要な資格は介護現場での実務経験が必須となっています。そのため、資格取得のために介護派遣を利用する人も増えてきていると言われています。

介護派遣のデメリットとは

介護業界での派遣には多くのメリットがある反面、当然いくつかのデメリットも指摘されています。
例えば「派遣社員でも責任が重い」点が挙げられており、一般的な派遣社員の場合は何かミスをしてしまったとしてもそこまで責任を追及されることはないと考えられています。ですが介護派遣の場合はサービスを受けている高齢者に対して直接介護を行うようになるため、ミスの内容によっては高齢者に怪我をさせてしまう可能性があるのです。このような場合は派遣社員であっても責任を追求される可能性が高いため、一般的な派遣社員と同じような責任感ではないところを理解しておく必要があります。
ほかにも福利厚生はもちろん昇給、賞与、社会保険がないので「収入に対するモチベーションを維持するのが難しい」点があるほか、「派遣会社によってサービス内容が異なる」点も指摘されているようです。

介護派遣の実態に関するまとめ

介護派遣は一般的な派遣と異なり、その責任感の重さや即戦力としてのスキルを求められている点から気軽に利用できる雇用スタイルではないと考えられています。特に介護業界は人材不足を理由に派遣社員を求めているところが多いため、未経験者など指導が必要な場合は敬遠されてしまう可能性もあるようです。
ただ紹介予定派遣などの特殊な雇用スタイルがある点から、正社員への昇格が期待できる点が大きな特徴です。資格取得の近道としても利用しやすい点から、今後介護業界で仕事をしたいと考えている人にはおすすめできる雇用スタイルのひとつだと言えます。

duadmin