介護職へ転職する場合のポイントとは?

介護職へ転職する場合のポイントとは?

今働いている介護施設から別の介護施設へ転職したいと思っているけど、どのように探したらいいのかわからないと考えている方は多いのではないでしょうか。そのような方に向けて介護職の転職のポイントを紹介します。

転職したい理由を具体化する

介護職で転職先を選ぶ際のポイントは、転職したい理由を具体化してから転職先を探すことです。介護サービスを行っている事業所は日本で15万件ほどあるといわれています。その中から自分に合った転職先を見つけるには、自分が何のために転職したいかを明確にする必要があるのです。今働いている勤務先より給料をアップさせたいからなのか、スキルアップをしたいから研修が充実しているところで働きたいのか、自宅から近いところで働きたいのか、自分は何を求めて転職したいのかを考えてみましょう。それを行うことによって求人サイトなどで求人を探すときに自分に合った求人が見つけやすくなるのではないでしょうか。

介護職を探す方法とは?

何のために転職したいかを見つけることができたら、求人を探してみましょう。介護職を探す方法には、ハローワークや新聞、求人情報誌や求人サイトなどがあります。
ハローワークは公的施設から民間企業まで幅広い求人を取り扱っているので、公的施設で働きたい人やさまざまな施設の求人を確認したい人に向いています。自宅の近くで働きたいのであれば、新聞の求人や折り込みチラシの求人で探すのがいいでしょう。新聞の求人や折り込みチラシの求人は地域に密着しているので自宅周辺の求人を見つけやすいです。医療法人や民間企業の施設の求人が多いことも特徴の一つです。求人情報誌や求人サイトは希望の地域や働く条件によって求人を探すことができます。新聞の求人などと同じように医療法人や民間企業の施設の求人が多いです。

優良事業者を選ぼう

転職先を選ぶ際にはその施設が優良事業者であるかを確認することが大切です。現在、介護施設は就労環境を改善させて介護職員が働きやすい環境を作っている事業所と特に何もしていない事業所の二極化が進んでいます。いくら自分の条件に合った転職先を見つけたとしても就労環境があまり整っていなければいつか働くことが困難になってしまう場合もあります。そんなことにならないように就労環境を常に気にかけている優良事業者を選ぶことが大切なのですが、優良事業者とそうでない事業者を見分けるにはどうすればよいでしょうか。優良事業者であるかどうかを見分けるポイントは離職率をチェックすることです。多くの事業所は10%未満の離職率となっています。離職率が10%未満であれば離職する人が少ないといえるので優良事業者の目安にすることができます。反対に離職率が30%を超えている場合は注意が必要です。一概に離職率だけで優良であるかどうかを考えることはできないのですが、あまりにも高い離職率の事業所は就労条件が整っていない場合があるのでよく調べてから求人に応募しましょう。
他にも優良事業者であるかどうかを調べる方法に、事業所独自のこだわりがあるか、将来のビジョンが明確か、改善や改革に積極的かなどが挙げられます。人材育成に熱心なところも優良事業者である場合が多いです。人材育成に熱心な事業所は研修や教育システムが整っていたり一般学生を積極的に採用したりしているので、その辺りもチェックするようにしましょう。

面接時の注意点について

面接時に注意するポイントとしては、施設の種類ごとによって異なります。認知症の方が多いグループホームの面接を場合は、人あたりの良い柔らかい雰囲気を出すようにしましょう。サービス付き高齢者向け住宅の面接では、しっかりとしている方のケアを行うことが多いのできちんとした雰囲気を出すことが大切です。電話連絡や実際の面接時にしっかりした挨拶を行うとよい印象を与えることができます。高齢者だけでなく若い年代の方も入所している障がい者施設の面接を受けるのであれば、元気であることをアピールしたりハキハキとした受け答えで対応したりしましょう。障がい者施設で働く場合は体力があるということが必須になります。体力に自信のある人はその部分をアピールするのも効果的です。
面接時にどのような服装で行けばよいか悩んでしまうことがありませんか。どの服装で面接に行けばよいか悩んでしまったらスーツを着用していくのがいいでしょう。事業所によってはカジュアルでも大丈夫なところがありますが、その場合でも襟のついたシャツやジャケットを着用するのがポイントです。またジーンズやサンダル、華美なアクセサリーはつけないようにしましょう。

まとめ

このように介護職の転職をする際には、転職したい理由を具体化して優良事業者を選ぶことがポイントになります。自分が何のために転職したいのかを明確にしておくと求人を探すときに探しやすくなります。優良事業者を選ぶには、離職率や独自のこだわりをもって介護を行っているか、人材育成に注力しているかなどを確認するのがいいでしょう。介護の求人を見つけるにはハローワークや新聞、求人情報誌や求人サイトなどがあります。面接を受ける際の注意点としては施設ごとによって異なりので、自分が受ける面接先の対策を行うようにしましょう。

duadmin