若い年代で介護業界に転職する際の考え方

若い年代で介護業界に転職する際の考え方

就職したけれどやりたい仕事ができなかったから転職するという傾向が強くなってきています。その転職先として介護業界に焦点を置く人もだんだんと増えてきていますが、どのようなことに注意して転職する必要があるのでしょうか。

介護業界を選ぶメリットとは

若い世代にとって介護業界は将来的に何があったとしても安定して働ける可能性が高い業界であることが最も大きなメリットです。若くて学習能力もあるうちに業界入りしておいて能力を伸ばしていけば晩年まで仕事に困ることはないと期待できます。高齢者が増加している影響によって介護の必要性が高まり、全国的に介護施設が新設されました。これによって需要が高まっているのが現状ですが、今後もしばらくはその需要が低下するリスクはありません。少子高齢化の影響によって高齢者を介護施設に預けてケアをしてもらうという考え方が標準的になっているからであり、人口構成の大きな変動が起こらない限りは需要が低迷するリスクがない業界になっているのです。特に介護は社会経済の変化による影響も受けにくい点で優れています。一般的な業界では景気が低迷すると売り上げが低下して企業の存続が難しくなることがあります。しかし、介護は加齢と共に必要になってしまうものであるため、景気が悪くなってしまったとしても確実に需要を維持することができるのです。このため、介護業界で働く道を選んでおけばどのような社会的な変化があったとしても安定して仕事を続けられると期待できます。

転職するときの魅力と注意点

介護業界に転職するときには求人が豊富で自由に選べる状況があります。未経験であっても問題はなく、若くても年齢で差別化されていることはありません。それまでのキャリアについても不問としていることが多いため、どのような仕事をしてきた人でも介護業界で仕事を見つけることが可能です。しかし、未経験で介護業界に転職するときにはどのような介護施設や事業所を選ぶかについて慎重になることが重要になります。まずは最初の現場で基本的なスキルと知識を身につけられるようにするのが肝心だからです。特別養護老人ホームやデイケアセンターはその点で優れている候補であり、身体介助や食事介助、トイレ介助などの多くの介護施設で必要になる実務に専念することができます。大抵は専門のスキルを必要とする仕事は担い手が別にいるため、無資格でできる仕事だけに従事することが可能です。現場によってその方針にも違いがあるので、実際に働き始めたらどのような仕事をするのかを確認した上で転職することも重要になります。転職をもう一度行うこともできることを考慮して、最初の職場では能力を高められるように考えておくのが将来性を高めることにつながる戦略です。

将来を見越したキャリアアップも肝心

若くして介護業界に転職することを目指す場合にはキャリアアップを考えることも重要です。資格を取得することの重要性が介護業界では高まってきています。介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得して、少しでも上の立場から介護に従事していけるようにキャリアアップを図っていくことは生涯をかけて介護業界で働く上で欠かせません。その基本として最初に選んだ職場では資格の取得に関する支援制度があるのが望ましいと言えます。介護職員初任者研修を受けるのはできるだけ早期に行っておくに越したことはありません。その上位に当たる実務者研修も受けてあれば勤続年数が十分になった時点で速やかに介護福祉士の国家試験を受けられるようになるからです。このような研修を受けることに対してどれだけ寛容かは現場によって大差があります。制度として認められている場合には簡単に研修を受けてキャリアアップを目指すことができるため、転職先で悩んだときには重要事項として確認するのが望ましいでしょう。

将来目標を立てる必要性

介護業界に転職したときには将来目標を立てておくのが肝心です。必ずしもキャリアアップをして業界内で上り詰めていくことが最適なキャリアパスであるとは限りません。管理職を目指してキャリアアップを行っていくこともできますが、もっとプライベートを重視したいというのであれば、安定して働ける程度のキャリアを構築してワークライフバランスを保てるように仕事を選んでいくということもできます。必死に働けば収入は大きくできますが、その分だけプライベートの時間が削られていくことになるので適切なバランスがどの程度かを予め考えておくのが賢明です。

将来性が高い業界だからこそ計画が大切

介護業界は若手にとって将来性の安心がある業界であるというのが魅力です。早めに業界入りしておけば晩年まで仕事に困ることはないのは確かなので将来計画を立てて着実にキャリアアップを目指すことが重要になります。管理職を目指すこともできますが、ワークライフバランスを重視したキャリアを描いていくこともできるので、自分なりのキャリアを早めに考えておくのが大切です。それに応じて様々な待遇の介護施設からの求人を選ぶことができます。自分にとって理想的な職場を選び、必要に応じて転職を行ってキャリアを積み上げていくのが良いでしょう。

duadmin